チャイルドアイズの入学準備コース第一回目の感想

 

六花です。
前の投稿(https://komochiduki.net/ikupro/2018/12/22/109/ )の通り、チャイルドアイズの小学校入学準備コースの第一回に参加してきたので、その時の感想を書きたいと思います。

チャイルドアイズや家庭の都合によって変動すると思いますが、週一回、45分の授業が行われることになりました。
算数→国語→算数……の順番でやっていくようです。

 

■第一回「算数」の概要

プリント9枚綴りが今回の課題でした。
初めてなので、数を数えたり、数の大小を比べたりといった簡単な内容です。

・筆圧を上げる鉛筆の持ち方と姿勢
・まっすぐきれいに線を引く意識づくり
・1~10の数の認識
・1~10の数と数字の対応、正しい書き順
・0の概念と数字の対応、正しい書き順
・数列の導入

「0」の書き順って覚えるまでは自由な書き方をする子が多いので、書きなれていない子には重要かもしれませんね。
プリントが終わっても授業時間が余った場合、チャイルドアイズで今まで行った授業の復習をしてくれるそうです。

 

■娘の場合

娘は読書が大好きで、思考力検定を受検させたときに問題文を読ませる習慣をつけさせていたこともあり、問題を読んだらすぐに解き始めていきました。
一般的な子は先生が問題文を読み解きながら進めていくらしく、普通に解いている娘を見て驚いたようです。
小学校受験対策もしているチャイルドアイズなら珍しくもないと思いましたが、どうやら小学校受験では「問題文を読んで解く」というようなことをあまりしないようですね(読み書きは小学校に入ってから教えるものなので)

3~4歳くらいの頃、迷路が好きでよく書きなぐっていたので、筆圧は問題ないようです。

問題のレベル的には娘には簡単でしたが、点をつなぐ問題で丁寧に線を引いていたり、色を塗る問題できれいに色分けしたりしていた結果、プリントは全部終わらず自宅学習になりました。

 

 

算数の様子を見ると国語はひらがなの練習ということになるのでしょうか……来週が楽しみです。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です