チャイルドアイズの入学準備コース第4回目の感想

 

関東は雪でしたね。
最初は風もあって「積もるかな~」と思っていたけれど、思ったより積もらなくて残念な六花です。
通勤や外出には困る雪ですが、一年に一度くらいなら風情があると思うのですが、いかがでしょうか。

娘は雪に興味津々でしたが、息子は寒い方が気になるのか、雪にはあまり興味なかったようで意外でした。

今回はチャイルドアイズの入学準備コース第4回目です。
前回は算数だったので、今回は国語です。

 

■チャイルドアイズ入学準備コース第4回目の概要

問題は5ページで、今回は(大人から見ると)軽めな印象。

・迷路による運筆練習
・なぞなぞを出題され、その答えの書き取り
・お手本の書き取り
・提示された絵の名前の書き取り

運筆、ひらがなの書き取り、語彙力で構成されています。
どれも普段から触れているかどうかで難度が大きく変わると思います。

 

■娘の場合

迷路が好きで、本をよく読み、本を理解するためにひらがなを練習した娘にとっては、今回の課題は余裕をもってこなせたようです。
基本的に時間を遣ったのが文字の形状を指導してもらったことで、語彙はすぐに出てきていたので問題はすべて解き終えていました。
その後は先生に追加のなぞなぞを出してもらい、充実した時間になったようです。

 

入学準備コースは元々小学校受験が終わった子を対象にしたクラスのようで、その開設期間はかなり融通が利きます。
そのため、授業ができなくなる可能性がある後半はそこまで重要な授業はやらず、中盤が山場になると予想しています。
次の授業が楽しみです。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です